プロペラ日記 BMW Bikeについての徒然・・・。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
アケオメ、コトヨロ!!
[No.133] 2011-01-17 Mon 18:00
今更ですが、、、って事でお願い致します。

何といっても今年の抱負は、「絶対に捕まらない!!」
穏便な一年である事を切に願う次第です。とはいえ初詣は行かず終いですが
神頼みはしません、こんな時こそ自力で何とかするのが男というものです、キッパリ!!

年が明ければ、もうMOTO GPの話題、、、ホントか??
バレがDucattiに移籍し、新しいバイクGP11がお披露目です。

bare.jpg

どうでしょう。。。。???

あまりカッコいいとは云えないなぁ、イタリア車な感じがしないというか、、、。
勝っていけば格好良く見えるのでしょうか?

皆さん今年もよろしくです、、、。

忘れてましたが、今年度RS CLUBの役員を仰せつかりました。
未熟者ですが皆様よろしくお願い致します。
そして素敵なバイクライフが送れますように!!!


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BMW K166GT & K1600GTL
[No.131] 2010-12-08 Wed 19:42
ついにプレスリリースが発表されましたねぇ~!!
我がRSクラブには一体いつ頃、誰が購入する事になるのでしょうか?
何といっても現在HP2-SPORTSが6台もあるクラブですから、、、W

以下コピペですが、、、。

● 特にエンジン低回転域および中回転域で高いレベルの駆動力を発揮する
突出した直列6気筒エンジン
● 最高出力118 kW(160 ps)/7,750 rpm、最大トルク175 Nm/5,250 rpm
● わずか1,500 rpmからすでに最大トルクの70パーセント以上を利用可能
● 排気量1,000 ccを超える量産モーターサイクルの中で最も軽量かつコンパクトな直列6気筒エンジンは、重量わずか102.6 kg、エンジン幅は555 mm
● 車両全体で一貫した軽量構造(マグネシウム製フロント・パネル・キャリア、
アルミ製リア・フレーム、クランクシャフトなど)
● E-Gas(電子制御スロットル・コントロール)
● 3つのモード「Rain」、「Road」、「Dynamic」から選択可能
● 標準装備のBMWモーターサイクル用インテグラルABS(パーシャリー・インテグラル)による高度なアクティブ・セイフティ
● 加速時に最大限の安全性を得るためのDTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)(オプション装備)
● 最高の快適性とダイナミックな走行特性のために、デュオレバーとパラレバーおよび
理想的な重量バランスを実現したフレーム
● あらゆる走行状況、負荷状態に最適に適応する電子調整式サスペンションESA II
(オプション装備)
● モーターサイクルで世界初のキセノン・ヘッドランプ(標準装備)に光ファイバー・リングを組み合わせ、夜間の安全性を向上させるためのアダプティブ・ヘッドライト(オプション装備)を設定
● マルチ・コントローラー、TFTカラー・ディスプレイおよびメニュー・ガイダンスを備えた
初の統合型操作コンセプト
● ナビゲーション機器用の接続部およびiPod、MP3、USB、Bluetooth、サテライト・
ラジオ(米国およびカナダ仕様のみ)用のインターフェース付きオーディオ・システム
(K 1600 GTLでは標準装備)
● 風や天候からの傑出した保護性能を発揮する革新的デザイン
● 積極的にツーリングを楽しむため、人間工学に基づくアクティブなライディングを可能に
したBMW K 1600 GT
● パッセンジャーと共に行く長距離走行のため、人間工学に基づく非常に快適で
リラックスできる設定、豪華なツーリング装備を備えたBMW K 1600 GTL
● ストレージ・コンパートメント、パニアケースおよびトップケース用の集中ロック・システム(オプション装備)
● さまざまに用意されたBMW Motorrad製の高水準の付属品、個性化のためのアクセサリー

ちなみに総重量は、319 kg(パニアケース非装備のK 1600 GT)、と
348 kg(パニアケースおよびトップケース装備のK 1600 GTL)
重いのか軽いのか乗ってみないと分かりません???


news101029k.jpg

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BMW K1600 Inline6
[No.127] 2010-09-15 Wed 18:58
いつまでも暑い日が続いていると思ったら、急に今日はやたらに涼しい、、、。
やっとバイクに適した季節になってきました。

先日、とあるBMのディーラーに久々に顔を出してみると
「ど~ですかこれ?」とコピーされた紙資料を見せられた。

以前から話題になっているBMWの直6。
BMW K1600GT & GTL
怒濤の並列6気筒!!、、、、、いかがですかと問われても
CBXもZ1300も乗った事ないので分かりません。としかいいようもなく。

エンジンはこんなんです。

bmw-motorcycle-6-cylinder-engine.jpg

昔のに比べれば、そりゃもうコンパクト!!

スペック等の詳細は忘れましたが、ツーリング等には良いでしょうね。

そして全体のフォームはともうしますと


k1600lt_001.jpg


どうもこれは現行のLTとKのCG合成のようですが
ロスでのテストランですっぱ抜かれたようです。


BMW-K1600LT.jpg


どうですかこの「ドヤ顔」W
価格はまだ未定ですが300諭吉オーバーか、、、この時代で。

全く実車は出てきませんが動画はここ

BMWの1600と言えばこれを真っ先に思い出してしまいますけどね

Chris 1600 01



どうですか、みなさん。















別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ついに、、、。
[No.126] 2010-08-19 Thu 17:10
というか、やはりロッシは来年イタリア車に乗ることが決定しましたね。
BMWがMOTO GPに参戦する噂もあったので、、、いらぬ期待までしたのですが、、。

イタリアでは今頃大盛り上がりなはず
ロッシのライダースーツとヘルメットが真っ赤に変わるんでしょうね~


ヤマハはロレンソとベンの若手で乗り切るようで、KCはホンダと
ホント来年も盛上がりそうです。

vale.jpg
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2010 DE耐 in MOTEGI
[No.115] 2010-05-24 Mon 15:54
少し更新を怠ってました。
去る、5/15(土)DE耐に参加致しました。

先日の練習走行ではダメダメの結果でしたので、バイクのセッティング等
諸々変更し前日の5/14に練習走行であたりを出したのですが、やはりストレートが遅く感じられます。
そこで、燃焼タイミングを変更すると、イイ感じ!!
よっしゃ!!と今年は飲み過ぎることなく就寝。

IMG_0328.jpg

当日もいい天気!スタッフの皆も気合いが入ってますぜ!

P1050500.jpg
P1050504.jpg

そして今年の1stライダーも昨年に続きHANEちゃん、昨年のリベンジに燃えます。

ちょっとビビってるのか昨年よりもタイムが上がってきません、
予定回周を1周残して戻って参りました、
さぁ、2ndライダーは私めです。

「S字でオイル旗でがでてる」と告げられ、いざ!!

1周目、2周目、3周目に入りいよいよ全開というまさにその時、
ホームストレートを全開、クリップ近くで「グキッ」
何だか、ギアが抜けた感じ、、、、あらら、、、、、エンジンも止まった
惰性で1、2コーナーを回ったところでエスケープゾーンへ
安全なところまで出て、キックしましたがコンプレッションが????

The END,,,,,,,,,,,,,,,まだわずか16、7周しか走ってません。
バイクをレッカーしピットまでやっと戻ってきました。

原因を追及しようにもエンジンをおろさなければ、、、
しかしメンバーにエンジニアは居りません、万事休す!

そこに天使が現れました、

IMG_0331.jpg

そうです、茶のメッシュの方が「時間がまだあるから降ろしましょう!」とおっしゃるのです。

手分けをしてヘッドを開けてみると、なんと、バルブが曲がって折れてます、、、。

IMG_0333.jpg

バルブのスペアーがラッキーにもあり何とか組み込んでエンジンを再始動

IMG_0334.jpg
ブロロロ~~~ン奇跡の雄叫びです。

ただあれだけ曲がっていたのですからエンジンは傷つきいつまで持つか分かりません。

再スタートをきり、遅れること約1時間30分。
慎重に、2~3周走って見ましたが、何とか行けそうです!

3rdライダー、4thライダー、5thライダーと、転倒もなく慎重に回周を重ねていきます。

そしていよいよゴールまで約20分最終ライダーをまかされました、

IMG_0336.jpg
IMG_0338.jpg

そして一か八かの No給油作戦で最後まで行こうと決断です。
IMG_0339.jpg

走りながら、迷ってました。
このまま燃費走行してゴールを目指そうか?それともガス欠になっても良いから全開で行こうか?

結論は5コーナーを抜けたところで出ました。
「全開」です。

ピットで見守ってくれている人たちも、ラップタイムを見てヒヤヒヤしていたそうです。
何せ、ゴール前のタイムが本日の一番時計、3'04'02だったそうで、
私も「もってくれ、もってくれ」とラップごとに思っており、チェッカーが降られたときは感動でした!

IMG_0340.jpg
そして、エンジンをきった我がマシーンは2度と息を吹き返すことはありませんでした。

たら、れば、は禁物ですが、今回のアクシデントでより結束も、情熱も増したようです。
なんせ、ゴールをする前にはすでに11月にある「ちょっとDE耐」にエントリーしていたようです。

この悔しさはレースで返すしかないでしょ!!
そして、最後になりましたが、みんなありがとう!!!



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | プロペラ日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。